2011年9月27日火曜日

フェアーの麗人

サンタ・フェ-ルネッサンス・フェアーをおとづれるのも今年で3回目。初回をミスしたのみ。この女性は今年で3度目、来るたびに会っています。サンタフェにある中東ベリーダンサーのPomegranet Studioというカンパニーの一員。いつも、ニコニコ顔をしています。
コスチューム・コンテストで入賞した母娘。どういうわけか・・写真機のピントは若い女性に・・・(爆)。優しい表情がとてもいいとは思いませんか?
そして・・やはり・・はずせないのがこの女性、Ms. Serendipity。3年前から追っかけています。去年まではふくよかでルノワールの絵の中のような豊かな表情だったのですが・・今年は、すっかりやせてしまって、見ちがえるほど。ふっくらぎみの麗人が好きな私にとって・・それでも不思議な魅力を感じます。以前のアルバムにも登場していますので時間がある人はどうぞのぞいてみてください。
あはははっ・・・タイトルに『麗人』とかいて・・・最後にこの1葉はやはりまずいかなぁ(爆!)。
馬ではありません、Ms.Donkeyということで~~。見ての通り、とても優しい顔をしていました。

Santa Fe Renaissance Fair Photo Album

2 件のコメント:

co-rock さんのコメント...

ボケ味がいいですね
とてもキレイです
私は個人的にリアル イーオ(=ロバ)
が好きですw

Tom さんのコメント...

co-rockさんこんにちは・・。
100-300mm長過ぎそうですが、自分がうまくなったと勘違いするくらい、綺麗なボケが出てくれるので人撮りには気に入っています。

ロバの表情はいつも気になっているのではずせません。今回はけたたましい泣き声を聞けなかったのが残念でした(笑)。