2013年6月25日火曜日

Fly Fishing Camp to San Juan River

 6月21-23日、1日休暇をとって、3連休の週末にして2泊3日のSan Juan RiverへFly Fishing Camp Tripへ。家を出たのは準備が終わった金曜日の午前11時。目的地まで184マイル(約300km)普通道路で3時間半あまりのドライブ。

本日のキャンプ場はNavajo Lake State Park Camp Ground.以前からここのキャンプサイトは設備がよくて、テント・キャンプサイトでも綺麗なレスト・ルームにシャワーの設備まである。

到着したのは2時半過ぎ、湖を一望できるキャンプサイトをラッキーにも確保して設営。2泊で$20。

夕方のライズの時間にはちょっと早すぎるので、崖を下りて湖畔まで下りる。さすが水温は冷たい!それでも薫君は水着に着替え水の中へ・・・。
10年以上続く慢性的な水不足でダムの水面は最高位に比べて30m近くも低くなっている。


この日は14番目の月。月が出ていると星はぐっと見えなくなる。写真を最大に拡大して注意深く見ると、雲の合間に飛行機のライトや星が写っているのが分かる。キャンプサイトの様子は14夜月あかり撮影したもの。これくらい明るく撮れると星が写っているのが不思議に見えるかも知れ無し。これでも少しは夜の雰囲気が出るよう暗め補正してある。
14番目の月に照らし出される湖上の洗濯板のように筋を引く雲。湖上を走る船の功績が灯りの線にとなっている。

沢山の星が写っている。明日はスーパームーン。

つりの調子がよくって、日没前後にDryにあたり始め・・ついつい・・時計を見たら8時15分。すでに月は地平のメサの上を離れて上ってしまった。
十五夜の月の長い光が向こう岸から濃紺の湖上を渡って目の前まで照らし出していた。
右のほうがナバホダムのマリーナ、パワーボートや大きなハウスボートが係留されている。時には、月明かりの中湖面を走る船も見かける。

つきの灯りに露出をあわせると、夜空の光はまったく見えなくなってしまう。

ナバホ・ダムの上からダム下のSan Juan河を見下ろす。ケーブルと赤いブイより下流がCatch and Release Only の釣り場になっている。

久しぶりに釣りに来た。水温は氷水のようにつえたい! 相変わらずここは有名な釣り場でいろんなところから釣り人がきていある。

San Juan 初めての薫君、初日の夕方は調子がつかめずに1度くらい針に着たくらいだったらしい。意気消沈気味に2日目の朝のセッションへ。2日目朝は、遅めの10時過ぎに水に入って2時近くまで。このセッションで薫君は念願の1匹目をCatch. 昼間は・・ほとんど水の中、ニンフフィッシンッグで、ストライク・インディケーターのよみ方が難しすぎた見たい。それでも、40cm級の虹鱒を揚げる。

3日目はキャンプサイトを撤収し、釣り場に入ったのは朝の9時半。思ったより人出が少なくうまい具合に良い場所の立ちこむ。

この朝は・・お父さんと二人・・それぞれ10匹以上のマスを釣り上げた。ほとんどが40-45cmクラスで以前見かけた50cm超は皆無(涙)。 釣り場をあがる2時くらいには・・薫君はランディングからリリースまで自分で出来るようになっていた。

また近いうちにもどって来たいとしきりにいう。今週末からおにいちゃんのいるサン・ディエゴへ10日間の休暇に行く予定だが・・この釣りが楽しかったせいか、『Yellow Stone』に行ってもいいなぁ・・とか言い出している(笑)。

2 件のコメント:

玄3 さんのコメント...

 サンワン川とキャンプ場、なつかしいですねー。玄3が行ったのは、慢性的な水不足が始まった頃なんですねぇ。
 スーパー月の写真、お見事。

Tom さんのコメント...

今回のFF-CampでKaoru君がFly Fishingが好きになりました。これからはFFに出る機会が増えるかもしれません。
ただ9月から11月のはじめまで、サッカーシーズンで毎週週末の土曜日ABQ遠征となるので短い釣りになりそうです。