2009年1月20日火曜日

VLA 電波望遠鏡


ホテルへもどったのは8AM過ぎ。思案の挙句、数回行ったことのあるVLA と、その近くの廃坑のあたりを散策することに。
ホテルを出て40マイルあまり西へ、1時間もかからず到着。広い高原に沢山のパラボラアンテナの1群が規則多正しく並び同じ方向の空を見ています。
広さは、半径20kmくらい。ワシントンDCもすっぽり入るくらいの広さとのこと。澄み渡る青空、広大な高原・・・本当にのんびりできます。
この電波望遠鏡は超長基線の干渉型望遠鏡で、それぞれの開口直径は25m。20数基がY字型に配列され、配列も線路上を移動することで可変できます。この延長として、数百キロ離れた、私の住んでるすぐそばに同じパラボラが設置されています。映画「コンタクト」の中にアレシボの望遠鏡とともに出てきたように覚えています。
Kellyの廃坑は、VLAとソコロの間を少し山の中に入ったところにあります。山積みになった岩の中には色んな鉱石の結晶が見られました。誰もいない山の中の廃墟。高い場所からあたりを見下ろし、往時の喧騒を思い浮かべながら、ここでものんびりと散策できました。

2 件のコメント:

玄3 さんのコメント...

「2001年宇宙の旅」の続編の「2010年宇宙の旅」の冒頭に出て来たのもここの望遠鏡だったような。関係者じゃなくてもこのくらいまで近寄れるんでしょうか。

Tom さんのコメント...

はい、かなり近くまでよれます。1基は、すぐ真下までよれて、Cryo Compressorの音が聞こえてきます。うちと違って、だれもみはりはいませんし・・・Authorized Perosnel Onlyと書いてあるところもありましたが、線路のとこもかなりは入れたし。
簡単なVisiter CenterにTour Courseもありますが、写真のほとんどは其処に行くまでのアクセス道路で撮りました。

Tucson の近くのKit-PeakもそうでしたがNSFのFacilityは出来るだけ一般公開するようにしてるようです。